施設案内

施設案内

パソコン教室 なび広場 共同研究室 貸出PCロッカー
開講期間中(前期・後期)

平日 マルチメディア実習室1~8 9:00~18:00
マルチメディア実習室9、なび広場、共同研究室 9:00~21:30
土曜日 マルチメディア実習室1~8 施錠
マルチメディア実習室9、なび広場、共同研究室 9:00~16:30

休講日および授業が行われない期間

平日 マルチメディア実習室9、なび広場、共同研究室 9:00~18:00
その他のコンピュータ室 施錠
土曜日 なび広場 9:00~16:30
その他のコンピュータ室 施錠

  • 施設の詳細は下の各リンクをクリックして参照してください。
パソコン教室

コンピュータ演習室はおもにコンピュータ実習を行うための教室です。 情報センター棟の2階に5室(マルチメディア実習室1-3,8,9)、3階に5室(マルチメディア実習室4-7,共同研究室)の計10教室あります。情報処理関連演習や外国語教育等多くの講義で用いられます。 全室にCAIシステム(CaLabo)が導入されており、出席管理および教室統合(8,9,共同研究室を除く)が可能です。 マルチメディア実習室6と7には、外国語教育用の設備(CALLシステム)がパソコンとともに用意されています。 マルチメディア実習室8と9と共同研究室はグループワークやパソコンの組み立て演習で使用できる構造となっています。

  • 文書作成:ワープロ機能。最近のワープロ・ソフトは高機能化を続け、 簡易的なDTP(簡単な出版物を作成する機能)用途の利用も可能です(Microsoft Word)。
  • 図表作成・OHP作成:コンピュータの画面上で絵を描き、紙やOHPに出力できます。また、その絵をワープロの文書に取り込むこともできます(Microsoft PowerPoint)。
  • 外国語の学習:コンピュータに表示される指示に従って語学学習ができます。外国語の授業に用いられますが、自主学習にも利用できます(CaLaboEX)。
  • 統計処理:表計算ソフトを用いてデータの簡単な集計や統計処理ができます(Microsoft Excel)。また、分散分析・多変量解析などの高度な統計処理も可能です(SPSS)。データをもとにしてグラフを作成することもできます。
  • データベース:さまざまなデータを集め、いろいろな方法で検索可能なデータベースを作成することができます(Microsoft Access)。
  • ワークステーションの利用:ワークステーションに接続して、そこに導入されているソフトを使うことができます。おもに電子メール・ニュースの読み書き・プログラミングに用いられます(TeraTerm Pro, ftp)。
  • プログラミング:独自のプログラムを書いてさまざまな処理を行わせることができます(Microsoft VisualBasic, CPad, JAVA)。
なび広場

なび広場は、情報センター棟と国際交流センターを結ぶ2階通路にあります。オープンスペースで自主学習で利用することができます。

共同研究室

共同研究室は次のような授業や学習に適したレイアウトとなっています。

  • 少人数(30人程度)を基本としたゼミ、演習
  • パソコンを使用しないゼミ、授業、演習
  • 教室にない機材を持ち込んで作業を行うゼミ、演習(情報処理演習W等) テーブル上に常設モニタ等がないため、PCの組立等に向いています。
  • 自習
貸出PCロッカー

当日貸出用のパソコンロッカーです。当日のみ利用可能です。利用時間は自動貸出ロッカーが設置されている施設の利用時間に準じます。学生会館の自動貸出ロッカーは、日曜・祝日も利用できます。また、図書の貸し出しを延滞している期間中は利用できません。

情報センターの情報通信施設・設備を利用するときは、下記の注意事項を厳守してください。違反者には罰則を課すことがあります。 なお、特に断りがない限り「コンピューター室」という表記にはマルチメディア実習室、共同研究室およびなび広場が含まれます。


1. 施設内での禁止行為・注意事項

•情報センター棟内での飲食は禁止します。なお、コンピューターや電気設備が設置してある場所(マルチメディア実習室、なび広場、共同研究室、情報システム実験室、スキャナルーム)は、原則として飲食物の持ち込みも禁止します。やむを得ない場合は、鞄などに収納し、机上や床には置かないでください。飲食は、屋外、学生ホール、食堂などの指定された場所で行ってください。
•濡れた傘を教室内に持ち込まないでください。
•学生個人または学生のみの団体の活動でコンピューター室を占有することはできません。
•機器の故障防止のため、コンピューター室での消しゴムの使用はご遠慮ください。
•持ち物の管理は各自で行ってください。盗難、紛失などについて情報センターは一切責任を負いかねます。

2.コンピュータの利用に関する禁止行為・注意事項

•ゲームでの利用は禁止します。
•利用後は必ずコンピューターの電源を切ってください。一体型PC以外はディスプレイの電源も忘れずに切ってください。
•違法に配信されているコンテンツのダウンロード、不正コピー、肖像権の侵害、無断データ利用、不正アクセス、わいせつ画像・児童ポルノ・児童虐待に該当するコンテンツの配信など、違法行為は禁止します。
•コンピューター室の設備は共用のものであり、1人で複数を占有することはできません。
•コンピューターに内蔵されているHDDへの書き込みは原則として禁止します。作成しても再起動時に破棄されますので、各自で用意したUSBメモリなどの記憶装置に保存してください。
•「コンピューターをフリーズさせたまま放置する」「キーボードやマウスのケーブルを許可なく外す」「プリンタを勝手に操作する」「教室内で周囲の迷惑になるほど騒ぐ」「教室を占有する」など、他の利用者に迷惑をかける行為は行わないでください。
•講義、食事などの理由で長時間コンピューター室を離れる場合は、他の人が利用できるようにコンピューターをシャットダウンし、荷物を持って退室してください。
•違法なデータの交換が行われる可能性の高いWinnyをはじめとするファイル交換・共有ソフトウェアや遠隔操作プログラムの利用は原則として禁止します。

3. ネットワーク利用に関する注意事項

•学内ネットワークはインターネットに接続されており、すべての利用者は、日本国内はもとより世界中のインターネットサイトにアクセスできるようになっています。世界中の利用者やサイトに迷惑をかけないように最低限のマナーを守ってください。
•ユーザーIDとパスワードは、さまざまなサービスを利用するために必要です。覚えるのが面倒だからといって簡単なパスワードを付けないでください。
•親しい関係であっても、自分のユーザーIDとパスワードを他者に使わせないでください。
•ネットワーク障害が発生するなどの問題があるため、無線LANのアクセスポイントを勝手に設置しないでください。

4. 電子メール利用上の注意

ユーザーID、パスワードが他人に漏れると、悪用されて自分の不利益になるメールを勝手に送信されるかもしれませんので注意してください。 また、先生への連絡や就職活動などで、携帯電話以外からメールを作成する機械が増えます。「適切な件名を付ける」「名乗る」「挨拶をする」「大きなサイズのファイルをメールで送らない」といった基本的なマナーを守ってください。

5. メディア準備室サポート時間外(夜間・土曜日)の利用

開講期間中(講義が行なわれている期間)は、平日18:00~21:30、土曜日の9:00~16:30までの時間外に指定されたコンピューター室を利用することができます。以下に注意して施錠担当者の指示に従ってください。もし何らかの問題が発生した場合は、コンピューター室の使用制限や管理強化を行うことになります。

•時間外に発生したトラブルは、翌日または翌週の対応となります。「メディア準備室」以外に報告しても対応できません。
•平日の夜間は、20:00を過ぎると情報センター棟と教室棟及び管理研究棟の連絡通路が施錠されます。荷物などは事前に学生ロッカーまで取りに行ってください。
•理由に関わらず利用時間の延長はできません。

6. 休講・休業期間中の利用に関する注意事項

•休講日、休講期間(2月1日~3月14日)、休業期間(春、夏、冬休み)は、指定されたコンピューター室のみ利用することができます。必ず情報センターのウェブサイトに公開されている利用時間カレンダーを確認してください。
•時間外の利用はできません。施設が施錠されます。
•休業期間中の土曜日は施設が施錠されていますので利用することができません。

7. 知的所有権と法律における利用者の義務

コンピューター上のプログラムやデータは、書籍などと同様に著作権法で保護されています。当然その扱いには十分注意しなければなりません。本学でも、さまざまな種類のソフトウェアが使われています。「著作権者と契約し有料で使用を認められているもの」「著作権者と契約し無償で使用を認められているもの」「著作権者が一般に公開し特に契約をしなくても教育・研究目的であれば利用できるもの」「著作権者が一般に公開し自由に利用できるもの」「元の著作権者が著作権を放棄し自由に利用できるもの」「本学で独自に開発したもの」など、多岐にわたります。 ソフトウェア・データなどの違法コピーや不正行為は厳に慎んでください。違法であるという認識の有無に関わらず、告発、検挙、損害賠償請求の対象となる場合があります。 たとえば、楽曲、画像、ソフトウェアなどを作者に無断で複製、公開、取得したりする行為、個人の利用であっても複製防止機能を除去しての複製、第三者が違法に複製、配布した著作物を取得、再配布する行為などは違法となりますので注意してください。 コンピューターに関する法令や主な違反例は1年次に配布される「情報システムガイド」を参照してください。

8. 罰則について

設備の正しい利用方法を守らなかった利用者や他の利用者に迷惑をかける行為を行った利用者には、コンピューターの利用やサービスの提供を一定期間停止(ユーザーアカウントの停止や印刷の禁止など)することがあります。 また、時間外に飲食などの違反を確認した場合は、情報センター棟からの退館を命じる場合があります。