図書館HOME>図書館からのお知らせ一覧

図書館からのお知らせ一覧(2022年度)

ここでは、過去のお知らせを掲載しています。

国立国会図書館「個人向けデジタル化資料送信サービス」の開始について(2022.05.19)


国立国会図書館のデジタル化資料送信サービスはこれまで図書館向けでしたが、2022年5月19日よりに個人向けに送信するサービスが開始されました。


国立国会図書館のデジタル化資料のうち、絶版等の理由で入手が困難なものを、利用者ご自身の端末(スマートフォン、タブレット、パソコン)等を用いてインターネット経由で閲覧できるサービスです。国立国会図書館デジタルコレクションで資料の本文画像を閲覧できます。

概要はこちら


※2023年3月を目途に印刷機能が提供される予定ですが、現在は閲覧のみの利用となります。

印刷をご希望の場合は従来通り図書館までお申し込みください。

図書館への申し込み方法はこちら

2022年度の指定図書を公開しました。(2022.05.09)

こちらからご覧ください。
なお、納品待ちの資料については、納品され次第登録いたしますので、しばらくお待ちください。

「CiNii Research」について(2022.04.18)

「CiNii Articles」は「CiNii Research」に統合されましたので、今後は「CiNii Research」の方をご利用ください。

CiNii Reserch」はCiNii Articles、CiNii Books、CiNii Dissertationsの機能のほかに、研究データ、研究プロジェクト(科研費)の情報などを横断的に検索することができます。


概要とマニュアルはこちら

https://support.nii.ac.jp/ja/cir/manual_outline


---

(2022/04/04)

「CiNii Articles」から「CiNii Research」への統合について、

2022年4月18日(月)10時となりました。

これ以降、「CiNii Articles」にアクセスすると「CiNii Research」にリダイレクトされます。

「CiNii Researchについて」

https://support.nii.ac.jp/ja/cir/manual_outline

---

(2022/03/30)

日本国内発行論文を検索できる文献データベース「CiNii Articles」が、2022年4月中に「CiNii Research」に一本化されます。
CiNii Research」は、論文に加えて研究データ、大学等の所蔵情報、博士論文、KAKENの研究プロジェクト情報などを含めて横断検索ができるようになります。

切り替え時期等については改めてお知らせします。

朝日新聞記事データベースがリニューアル(2022.04.01)

朝日新聞記事データベースサービス「聞蔵Ⅱビジュアル」が全面リニューアルされ、「朝日新聞クロスサーチ」となりました。
下記URLからアクセス可能です。

https://xsearch.asahi.com/login/

*コンテンツ内容やアクセス数などは「聞蔵Ⅱ」と同じです。

「朝日新聞クロスサーチ」サービス画面について

https://www.asahi.com/information/db/pdf/20220301_xsearch_guide.pdf

「朝日新聞クロスサーチ」ここが変わりました

https://www.asahi.com/information/db/pdf/20220301_xsearch_change.pdf